忍者ブログ
 
Posted by タカギヒデアキ - 2016.04.17,Sun

今回は「灰と幻想のグリムガル」です。
WIZの小説ぽいタイトルだなあ、と思ったらやっぱり影響受けてたのね。
拠点となる街に酒場・宿屋・商店・教会・訓練場とか施設があって、主人公達はモンスターを狩って日々の生計を立てる冒険者。うーん、この懐かしいスタイル! いいぞー♪

1つだけ気になるのが、話というか演出が間延びしてるっぽいところ。
主人公が見た、感じた世界を丁寧に描こうとしすぎて、まるで編集前の映像を見せられているようなメリハリのない場面が多かったような気がする。
小説や漫画と違って自分のペースで楽しめないから、そこのチューニングが合わないと気持ちよく視聴出来ないんだよね。

その点、8話のゴブリンアジト戦はすごいテンポ良くて見応えあったなあ。
ハルヒロとメリイがまったりお茶してるシーンも良かった。
ときどき入るゲームっぽい解説も好き。みんながどんどん技を習得していって強くなっていくのが分かるしね。
全体的にはRPG気分を満喫できるいい作品でした。
ウィザードリィ好きな人には特にオススメ!

Archives 2016 / 2013-2015 / 2009-2012
プロフィール
タカギヒデアキ
 趣味で絵を描きます。
 印刷関係(DTP+デザイン)の
 仕事をしています。
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"


PR
忍者ブログ [PR]