忍者ブログ
 
Posted by タカギヒデアキ - 2016.01.18,Mon

今回は「ガガーブトリロジー」より、お気に入りキャラ(白き魔女・フィリー、朱紅い雫・アイメル、海の檻歌・レイチェル)のまとめです。
ガガーブトリロジーは「白き魔女」「朱紅い雫」「海の檻歌」の3作品の総称で、軌跡シリーズの源流ともいえる作品です。
結構古いゲームですが、軌跡シリーズファンとしては押さえておきたいのでPSP版を一気に3本プレイしました。

実はずいぶん昔、PC98版の「白き魔女」だけプレイ済みだったりするんですが、PSP版は何度か移植された後の最終形態でだいぶ遊びやすくリメイクされています。
・・・しっかし、めっちゃしんどかったです!
シナリオ・グラフィック・音楽は今でも十分通用するレベルですが、戦闘システムが発展途上とはいえ苦痛レベル。後の「空の軌跡」の一見地味な戦闘も頑張って改良してあの形になったのだなと、感慨深いものがありました。

3本クリアして個人的に大ヒットだったのが「朱紅い雫(あかいしずく)」。
ガガーブトリロジーも軌跡シリーズも群像劇ですが、ガガーブは世界観重視、一方軌跡はキャラクター重視です。しかし「朱紅い雫」はガガーブでありながらキャラクター重視というファンの間では異端的なポジションでして、僕はこっちのほうが大好物♪

少年漫画のように分かりやすくて熱い、しかも泣ける。主人公のアヴィンはファルコム作品では珍しい直情タイプで不器用な青年、それを同行者の世渡り上手で思慮深い親友マイルが上手に話を転がしてくれます。
アヴィンには幼い頃に離ればなれになった妹がいて、再会する事が最終目的。マイルの献身的なサポートに助けられつつ彼らは旅を続けていきます。
そしてついに・・・うわーっもうベタすぎ!でも最高!!
単品で閃のシステム乗っけてリメイクしたら、今でも間違いなく売れる名作だと思います。

Archives 2016 / 2013-2015 / 2009-2012
プロフィール
タカギヒデアキ
 趣味で絵を描きます。
 印刷関係(DTP+デザイン)の
 仕事をしています。
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"


PR
忍者ブログ [PR]