忍者ブログ
 
Posted by タカギヒデアキ - 2014.02.15,Sat




★なにこれかわいい!
アナログのゲームなんて買うの久しぶりなんですが、いつでもできる1人用で可愛い雰囲気、しかも比較的簡単らしいので興味がわきました。

★どんどんひつじを増やすよ!
1匹のひつじからスタートして、1000匹まで増やせたら勝ちです。途方もない数ですが、ひつじカードには1・3・10・30・100・300・1000と7つのランクがあって、これをランクアップさせる方式なので時間はそれほどかかりません。(最高7枚のひつじカードを場に出せる)

★手札を使って、引いて!
まず手札(イベントカード)を5枚持ちます。その中から1枚選んで指示に従い、そしたらまた山札から1枚補充していく。
この中にはひつじを増やしたり、ランクアップさせるカードがあるんですが、実際は災害などでひつじを減らすカードのほうが多くて常にジリ貧状態になります。しかもひつじが0になったら負け、1000匹達成も3ターン(山札を3回使い切る)までにという条件付き。なにこれ難しい・・・。

★やっと勝てた、分かってきた!
10回ほど挑戦してようやく1回クリアできたんですが、その時はひつじを3900匹まで増やせました。運の要素も強いんですが、やってるうちにいろいろ分かってきます。
まず、イベントカードの中には「カードを追放」できるカードがあってメガンテ級のやばいカードをゲームから完全に排除することができます。これによってターンを重ねるごとに山札の内容が良くなります。そして無理にたくさんのひつじを守らない「あげちゃってもいいさ」の境地でプレイすること。適度に都合の悪いカードを切っていかないと詰みます。

★ただ集めるんじゃない、1000匹にするのだ!
勝利条件の1000匹なんですが合計ではなく、1000匹のひつじカードを場に出さなければいけません。
ランクアップは場にある最大数のひつじには使えないので、「統率(ひつじカードを集めて1000匹以上にして両替する)」でしか1000匹のひつじカードを得ることができなかったり、その統率も2枚しか存在しなかったりで、1000匹の道のりは遠い・・・。

★むしろ本番?ハードモード!
システム上1000匹のひつじカードを7枚場に出せるので、スコアアタック的なやりこみプレイもできるようになっています。(ひつじカードは割と簡単にコピーできるので、1000匹のひつじカードを1枚場に出せればこっちのもの)
あと手札の最大数を減らすことでハードプレイもできたりと柔軟にプレイヤーがアレンジできるのもアナログゲームならではですね。

いやー、こういうの考える人ってすごいなあ。「シェフィ」面白いです!
プロフィール
タカギヒデアキ
 趣味で絵を描きます。
 印刷関係(DTP+デザイン)の
 仕事をしています。
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"


PR
忍者ブログ [PR]